MENU

失敗しない脱毛法 女性に人気の脱毛法を紹介!

女性の悩みの1つとして挙げられるものは「ムダ毛処理」になります。
カミソリやシェーバーで処理しても綺麗に処理できず、剃り残しや表面に埋まった毛が見えてしまいます。
剃るからこそ表面しか処理出来ておらず、毛穴や毛が気になってしまうのです。

 

そこで脱毛を行えば綺麗に処理することが出来ますが、脱毛といっても様々な方法が挙げられます。
ムダ毛に悩む女性達に、失敗しない人気の脱毛法をお教えします。

 

■脱毛を行うことのメリット
脱毛を行うことは、剃った後が見えずに綺麗にムダ毛処理が出来るといったこと以外にもメリットがあります。
特に自己処理で行ってしまいがちな、毛抜きでのムダ毛処理は毛穴や皮膚を傷つける間違った処理方法です。

 

毛抜きは毛根から抜くことが出来ますが、皮膚を傷つけるので埋没毛や出血の原因となってしまいます。
更には毛穴を広げて、より肌が綺麗に見えなくなる原因を作ってしまう悪循環となります。

 

またカミソリでの自己処理は肌に刃を当てることで、処理の度に肌に刺激を与えてしまいます。
そうすると肌は刺激を感じてメラニン色素を生成してしまい、色素沈着を起こしてしまう可能性があるのです。
そういったデメリットを少なくしてくれるのが脱毛なのです。

 

 

■脱毛方法の種類
たくさんある脱毛方法の種類、またそのメリットとデメリットについて解説していきます。
メリットとデメリットを理解すれば自分に合った脱毛方法を見つけることが出来るでしょう。

 

 

除毛クリーム
ネットや通販、またドラッグストアでも販売されています。
クリームや泡状タイプの物が主流となり、自宅で簡単に使用することが出来ます。

 

脱毛したい部位に塗布した後しばらく放置をして、拭き取ればいいだけです。
配合されている化学成分で毛を分解するものとなります。

 

また抑毛成分も入っているので、生えている毛を薄くして目立たなくなる効果も得られます。
しかし毛根自体が無くなるわけではないので、一時的な処方となります。

 

<メリット>
・低価格で手軽に行える
・自分で出来て、痛みを感じない
<デメリット>
・成分が肌に合わず、肌トラブルの原因となる
・一時的に毛はなくなるが、また生えてくる

 

 

脱毛テープ
市販でも様々な種類が販売されている脱毛テープは、ガムテープのような原理で脱毛部位に貼って一気に剥がすという脱毛方法です。
シートを貼って剥がすという簡単な方法なので、誰もが手軽に出来ます。

 

<メリット>
・手間が掛からず簡単
・コストが低く抑えられる
<デメリット>
・毛が抜けなかったり、毛が途中で切れることもある
・肌に刺激を与えるので肌荒れを起こす原因に成り兼ねない

 

 

ワックス脱毛
市販でも販売されているが、サロンでも施術を受けられる脱毛方法です。
専用の脱毛ワックスを温めた後、脱毛部位に塗布して放置します。

 

そうするとワックスが固まってくるので、ワックスに包まれている毛も共に剥がします。
毛根から抜き取ることが出来るため、次に毛が生えてくるまで時間がかかります。
一般的には2〜4週間効果が持つようです。

 

<メリット>
・サロンでの施術もフラッシュ脱毛に比べると低価格
・産毛もしっかりと処理できる
・毛だけでなく、毛穴の角質も一緒に除去出来るので肌が綺麗になる
<デメリット>
・一気に毛を抜くので痛みを伴う
・ある程度の長さのある毛でないと効果が得られない
・肌へのダメージが大きいので炎症を起こし兼ねない

 

 

ニードル脱毛
脱毛の元祖でもあるニードル脱毛は、毛穴の一つ一つに針を刺して電気や高周波を流すことで毛根を破壊する脱毛方法になります。
生えている毛1本ずつに処理を行うため、確実に脱毛を行うことが出来ます。
針を扱う施術のため医療機関やクリニックのみでの施術になります。

 

<メリット>
・永久脱毛出来る
・産毛や細い毛でも、その場ですぐに脱毛出来る
・レーザーの出来ない部分(色素沈着の濃い場所、ホクロ部分、タトゥー、日焼けした肌)にも施術が可能
<デメリット>
・毛穴一つ一つに施術をするので、施術時間が非常にかかる
・1本単位の価格なのでコストが高い
・痛みが強い(麻酔をしてもらえる場合もある)

 

 

家庭用脱毛器
脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛と同じ仕組みの脱毛が行える機械です。
ただし脱毛サロンよりも低い出力の光となり、その光を脱毛したい部分に当てていき、回数を重ねるごとに効果を得られる脱毛方法となります。
コンパクトなサイズで、自分で脱毛施術を行うことが出来ます。

 

<メリット>
・自宅で気軽に行える
・脱毛サロンよりも低コスト
・家族で共有して使用することが出来る
<デメリット>
・手の届かない部分は施術出来ない
・自分で施術するので、慣れるまで光をきちんと当てられていない場合がある
・何か肌にトラブルがあってもサロンやクリニックと違ってサポートがない

 

 

フラッシュ脱毛
フラッシュ脱毛は、いわゆる脱毛サロンで受ける脱毛になります。
黒い色に反応する光を当てることで毛乳頭などにダメージを与えていくという脱毛方法です。
施術中は眩しくなるため、目に被せ物をして施術を行っていきます。
マシンは主にIPL脱毛とS.S.C脱毛というものになります。

 

IPL脱毛はフォトフェイシャルにも使用されるライトなので、シミやそばかすにも効果を得られます。
施術前に冷却ジェルを塗って施術を行うものや、照射ヘッドが冷えているのでジェルが必要ないものもあります。

 

S.S.C脱毛の場合は同じ仕組みになりますが、毛の成長を抑制するジェルを塗ってから施術を行うという違いがあります。
一度で効果を得られるわけではなく、回数を重ねるごとに効果を得られることが出来ます。
部位によっても差がありますが、全身脱毛の際は10回前後の施術で満足出来るようです。

 

<メリット>
・レーザー脱毛よりも低価格で施術を受けられる
・将来的にムダ毛の自己処理が必要なくなる
・少しの痛みは感じるものの、割合痛みは少ない
・マシンによっては美白効果のあるものがある
<デメリット>
・効果が得られるまでに時間がかかる
・色素の濃い部分(日焼けした肌、シミ、ホクロなど)は施術出来ない。

 

 

医療レーザー脱毛
フラッシュ脱毛よりも高い照射出力で、レーザーがメラニン色素に反応して熱で毛根を破壊する脱毛方法です。
フラッシュ脱毛同様、施術時は眩しくなるため目に被せ物をして施術を受けます。
施術でレーザーを当てると熱で痛みを感じるため、施術後は施術部分を冷却します。
フラッシュ脱毛と違って、医療機関でのみ使用出来るマシンとなるためクリニックや病院での施術となります。
医療レーザーでの施術は大体5回前後で満足のいく結果が得られると言われています。

 

<メリット>
・医師の駐在によって肌診断や、何かあっても処方してもらえる
・フラッシュ脱毛より出力が強いので短期間で脱毛を終えられる
・永久に近い脱毛が出来る
<デメリット>
・フラッシュ脱毛の2〜3倍の費用が必要
・部位によって痛みを感じる

 

まとめ
脱毛する方法も様々、自分で出来るものから施術を受けるものまであります。
最近では脱毛サロンでの全身脱毛も低価格になりつつあるので、部分脱毛ではなく全身で施術を受けている人も多くなっています。
自分にはどんな脱毛が合っているのか考えてみてください。
1つではなく、2つの脱方法を部分毎に分けることも良いでしょう。

 

例えば脇やVラインは脱毛サロンに通い、手足は除毛クリームにするといったことも可能です。
また全身脱毛を受けながら、シミのある部分だけニードル脱毛を受けるといった併用も出来ます。
なにより好ましいのは、肌をなるべく傷つけない脱毛方法であると言えるでしょう。

自宅でやってる私の脱毛法

女性ならば誰しもが頭を悩ますムダ毛処理、皆さんは自宅でどういった処理方法をおこなっていますか?
シェーバーやカミソリで除毛しているという人も多いと思います。
しかし除毛って、毛の表面が広がって余計に毛が濃く見えたりしませんか?
しかも一生懸命処理しても剃り残しも出てきて、出先で恥ずかしく感じることもしばしばあります。
そこで今回は自宅でしている私の脱毛方法をご紹介していきたいと思います。

 

 

■毛抜きでの処理

1本1本の処理になるので全体的には行いませんが、眉毛の処理や1本だけ気になるという時に使用します。
ただ毛抜きを使用すると綺麗に抜けますが、たまに痛みもありますし毛穴も広がります。
しかも埋没毛の原因になってしまうので、ねるべく使用しないようには心掛けています。

 

 

■時間のない時は脱毛テープ
ムダ毛だらけなのに処理する時間がないという時は、脱毛テープを活用します。
貼ってビリっと剥がすだけなので、一瞬でアッという間に終わります。
ただ綺麗に完璧には処理出来ず、毛が途中で切れてしまったりすることもあります。

エピラット 脱毛テープ <ミニサイズ> 22枚

 

■お風呂の前に脱毛クリーム
脱毛したい部分に塗布して、少し時間を置いてから拭き取るだけで脱毛出来てとても脱毛クリームは簡単です。
綺麗に洗い流したいのでお風呂に入る前に使用をしています。
使っていくうちに毛も薄くなっていくので、ムダ毛自体が目立ちにくくなっていくように感じます。
ただし、成分が刺激あるので顔には使用していません。

除毛クリーム EpiSara

 

■自宅で脱毛サロン風の施術
自宅で出来る一番の脱毛方法といえば家庭用脱毛器での脱毛です。
脱毛サロンより照射の出力は弱くなるものの、原理は同じなので徐々に毛根から毛を破壊していくことが出来ます。
使い始めは慣れませんでしたが、肌にピタッと当てて光を当てるようすれば照射もしっかりと当てることが出来ます。
脱毛サロンに行くことがやはり綺麗に脱毛出来る近道ではありますが、コスト的に厳しいという方にはお勧めです。
カートリッジさえ交換すれば、ずっと使用することが出来ます。

脱毛と美顔が両方できる!読モ絶賛☆「ケノン」

 

 

まとめ
私が自宅で行っている脱毛方法を紹介してきましたが、やはり脱毛しながら考えることは「毛をきれいに処理すると同時になるべく肌を傷つけたくない」ということです。
肌に刺激を与え続ければそのうちシミになってしまうかもしれません。
いくら毛を綺麗に処理出来ても、肌が汚ければ意味がありません。
自分に合った、肌に優しい無理のない脱毛方法をお勧めします。